スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・秋誕

20151105.jpg
秋雨さんお誕生日おめでとう~v
ツイッターでロゴマーク作ってお祝いしてた方がいて私も便乗させていただきました。
これ続きがあって秋逆の1P漫画描きたかったんやけど絵描くの久しぶりすぎて手が…遅い。
さすがにコマ割ったのは5日には間に合わんかった。
にしてももう少し誕生日っぽい絵にすればよかったな…。

以下秋逆ネタ
秋逆二人で食材買い出しの帰り道、通りかかった公園で風で舞い散る紅葉を拾いを始める秋雨(当然地面に落ちる前にキャッチ)
さっきまで並んで歩いてたのに視界の端から消えた秋雨に声をかける逆鬼。
秋雨の方には顔を向けず前を見たまま歩く速度を若干落とした。
「おい何やってんだ秋雨ぇ。…置いてくぞー」
「ほら、紅葉が綺麗だよ。逆鬼、君もたまには美しい景色に心を奪われるとかないのかね?」
「オレぁ早く帰って酒吞みてえ」と秋雨の方を振り返ると秋雨の頭には1枚のもみじが。
軸の部分が髪の毛に刺さって葉がヒラヒラしてる。秋雨は気付いてない。
秋雨はもみじの帽子をヒラヒラさせながらもみじが紅葉する原理や関西ではもみじを天ぷらにして食べるらしいよとか色々ウンチクを語っているのがなんだか面白いし逆鬼は黙ってる事にした。
「和紙に漉き込んで栞を作ろうかな」と嬉しそうにもみじを眺める秋雨を見て口元が緩む逆鬼。
(こいつ…たまにカワイイとこあるよな)

「…逆鬼」
「あん?」
「照れるじゃないか」
「!?」

=======
うーん、頭に葉っぱ乗ってたら普通気付くか…カサカサいうかw
=======

秋雨さんの誕生日には梁山泊の皆がそれぞれ秋雨さんに安倍川もちとか大福とかどら焼きとか和菓子買って来てて全部一人で食べるの無理だから皆で食べようってなってちょっとした和菓子バイキング状態になればいい。
そして一口も食べられない逆鬼さんw

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

R

Author:R
ブログサイト
基本、腐です。
ケンイチ・秋逆メイン
秋逆前提ので秋逆秋とか
他カプも色々。

カテゴリー
ケンイチプチオンリー
師匠降臨弟子精進2
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。